iPhoneならApple PayのモバイルSuicaが便利!登録や使い方、スマートEXでの新幹線の乗り方も解説

こんにちは!りょうすけです。

通勤など移動には欠かせない交通手段の一つ、電車

そして日常生活に欠かせなくなった、スマートフォン

スマートフォンを使うと、非常に便利に電車に乗ることができるので紹介します。

その方法は、モバイルSuicaのアプリを使うことです!詳しく解説していきます!

モバイルSuicaとは

JR東日本が提供するIC乗車カードのSuica(スイカ)の機能を搭載したアプリがモバイルSuicaです。

ちなみに、iPhoneだとApple PayのSuicaという言い方になります。

Suicaは、JR東日本エリアでしか基本的に入手できませんが、

モバイルSuicaはアプリをインストールすればどの地域に住んでいる人でも入手できます!

モバイルSuicaのメリット・デメリット

モバイルSuicaのメリット

  • 切符を買う必要がない
  • スムーズに改札を通れる
  • 残高・履歴がすぐに確認できる
  • どこでもチャージができる
  • コンビニなどで支払いができる
  • チャージでポイントが貯まる

モバイルSuicaのデメリット

  • 年会費がかかる場合がある
  • ポイントが貯まるクレジットカードが決まっている
  • スマホの充電を気にする必要がある
  • チャージの上限金額が20,000円まで

モバイルSuicaの年会費

iPhone:年会費無料

Android:年会費1,030円(税込)

iPhoneでの利用は無料ですが、Androidだと年会費がかかってしまいます。

Androidも無料にする方法があるので紹介します。

年会費を無料にする方法

年会費を無料にする方法は2つあります。

  1. VIEWマークの付いたクレジットカードを登録
  2. Google Pay(グーグルペイ)で利用

それぞれ詳しく解説します。

VIEWマークの付いたクレジットカードを登録

年会費が無料になる条件は、2つあります。

無料になる条件 その1

JR東日本のカード会社であるビューカードかビューカード提携クレジットカードを登録する。

理由は、以下になります。

  • チャージ(入金)をするためにクレジットカードの登録が必要。
  • 登録できるクレジットカードは、JCB・VISA・Master Card・American Express・Diners Clubのブランドのもの。
  • ビューカードかビューカード提携のクレジットカード以外のクレジットカードで登録した場合は、年会費がかかる。

これらの理由からモバイルSuicaの年会費を無料にするにはビューカードかビューカード提携クレジットカードの登録が必要になります!

ちなみに、それらのクレジットカードにはVIEWマークが付いています。

無料になる条件 その2

登録するビューカードかビューカード提携クレジットカードの年会費が無料である。

理由は、以下になります。

  • クレジットカードの年会費を払う必要がある。
  • 完全に年会費無料でモバイルSuicaを利用することにならない。

これらの理由から完全に年会費無料で利用したいなら、登録するクレジットカードの年会費が無料であることが必要になります!

POINT
年会費無料のビューカードかビューカード提携クレジットカードを登録すれば、完全無料で利用できます!

Google Pay(グーグルペイ)で利用

Google PayでモバイルSuicaを利用すれば、年会費が無料になります。

どのクレジットカードをGoogle Payに登録しても、年会費は無料です。

POINT
年会費無料のクレジットカードを登録すれば、完全無料で利用できます!

以上が、Androidでも年会費を無料にする方法です。

おすすめのクレジットカード

ビッグカメラSuicaカード

年会費:初年度年会費無料 翌年から477円(税抜)ですが、前年1年間でクレジットカードを利用すると、翌年無料になります。

モバイルSuicaに登録していれば年1回は利用するハズなので、年会費無料で利用できます。

楽天カード

年会費:年会費無料

モバイルSuica利用でのポイントは貯まりませんが、それ以外で利用するとポイント還元率1.0%と高いです。

楽天市場では、ポイント還元率が2倍になります!

もちろんモバイルSuicaに登録できます。

対応機種

iPhoneだとApple Payが搭載されているiPhone7以降に対応しています。

Androidは、モバイルSuica公式サイトで確認してください。

登録方法

Suicaカードを持っているかどうかでやる事が変わるので、気をつけてください。

パターンは、3つあります。

1. Suicaカードを持っている場合、持っているSuicaカードをiPhoneに取り込みましょう。

注意
取り込むと持っていたカードは利用できなくなります!

2. Suicaカードを持っていない場合、新規発行をしましょう。

3. クレジットカード一体型のSuicaを持っている場合、新規発行をしましょう。

POINT
自分がどれに当てはまるのか先に確認しましょう!

新規発行の登録手順

手順1
Suicaアプリをインストール

以下のリンクからインストール

Suica

Suica

East Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

手順2
カードの種類を選択

Suicaアプリを起動

画面右下のSuica発行をタップ

新規発行の場合は、My Suica(記名式)・Suica定期券・Suica(無記名)の3種類から選択しましょう

特にこだわりがなければMy Suica(記名式)を選択

手順3
会員登録

規約・特約をしっかり読んで問題なければ会員登録をタップ

必要な基本情報の入力しましょう

手順4
クレジットカードを登録

クレジットカード情報を入力しましょう

手順5
Suicaにチャージ

1000円から金額を選択できます

必要な金額を選択しましょう

支払い方法は、先ほど登録したクレジットカードを選択し、完了です

手順6
Walletアプリに追加

Suicaアプリを起動し、SuicaカードをタップしてSuicaID番号を確認

Walletアプリを起動し、SuicaID番号下四桁をWalletアプリに入力する

手順7
エクスプレスカードに設定

設定アプリを起動し、

WalletとApple Payを選択

エクスプレスカードにMy Suicaを選択しましょう

以上で登録は終了です。

注意
エクスプレスカードに設定していないと、改札を通る際にiPhoneのロック解除が必要になります!

モバイルSuicaにチャージする方法

チャージする方法は、2つあります。それぞれ解説します。

自分で選択してチャージする方法

Suicaアプリを起動

入金(チャージ)をタップし、登録したクレジットカードをタップしてチャージ完了です。

チャージする金額を変更する場合は、金額変更をタップし、チャージしたい金額を選択してください。

500円〜10,000円まで選択できます。

オートチャージの設定方法

オートチャージとは、Suicaの残高が設定した金額を下回った時に、自動でチャージされる機能です。

  • ビューカードを登録した場合のみ利用できる
  • 自分でチャージする必要がない
  • 買い物時の支払いではオートチャージされない
注意
オートチャージ機能は、Suica・PASMOエリアでの改札を通る時のみです!

オートチャージの設定方法を解説します。

画面右下のチケット購入・Suica管理を選択

オートチャージ設定を選択

オートチャージ申込/変更を選択

『残高が〇〇円以下になったら〇〇円を入金(チャージ)する』を設定

金額は、1,000円〜10,000円まで選択できます。

金額を選択したら設定完了です!

モバイルSuicaで電車に乗車する方法

自動改札にiPhoneをかざすだけです!

かざす時のコツは、iPhoneの先端部分(カメラ付近)をかざしましょう。

残高が少なくても電車に乗っている間にチャージすれば、問題ありません。

スマートEXで簡単に新幹線を予約

新幹線予約サービスは、いくつかありますが、モバイルSuicaがあるならスマートEXが便利で簡単です。

なので、僕も利用しているスマートEXについて解説します。

スマートEXとは

スマートEXとは、JR東海・JR西日本が2017年9月30日に開始した年会費無料で利用できるサービス。

乗車時にはSuicaなどの交通系ICカード(モバイルSuica)またはきっぷを新幹線の改札機にかざして乗車できます。

スマートEXに必要なもの

スマートEXを利用には、必要なものがいくつかあります。

必要なもの

  • スマートフォン or PC
  • クレジットカード(VISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナーズクラブ)
  • 交通系ICカード or きっぷ(モバイルSuicaも可)
注意
デビットカードやプリペイドカードは、利用できません!

スマートEXに会員登録

スマートEXを利用するには、公式サイトから会員登録が必要です。

必要なもの

  • クレジットカード
  • 交通系ICカード(モバイルSuica)
注意
クレジットカードは、決済に利用します。交通系ICカード(モバイルSuica)は、新幹線に乗車するときに利用するものを用意しましょう。

スマートEXの公式サイトで会員登録する

EXアプリとは

スマートEXは、公式サイトやEXアプリから利用できます。

EXアプリが便利なので、おすすめです!

EXアプリをインストール

スマートEXへの会員登録が終わったら、すぐにインストールしましょう。

EXアプリ

EXアプリ

Central Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

EXアプリで新幹線を予約する方法

EXアプリでは、新幹線の指定席と自由席を予約できます。

新幹線の予約は3つあり、時刻指定・列車名指定・自由席の方法から条件を指定して予約できる。

新幹線の予約を変更・払戻

EXアプリでは、新幹線の予約変更と払戻もできます。

予約変更は何度でも手数料無料!

初回購入日から3ヶ月以内の乗車日まで変更できます。

払戻は改札機入場前までで、払戻手数料が必要!

注意
予約変更は改札機入場前で列車の発車時刻前まで!

EXアプリで新幹線に乗車する方法

EXアプリで予約した新幹線に乗車するには、事前に登録した交通系ICカード(モバイルSuica)or きっぷが必要です。

スマートEX会員1人で利用する場合は交通系ICカードで乗車でき、2名以上や子どもがいる場合はきっぷで乗車できます。

モバイルSuicaで新幹線に乗車する方法

スマートEX会員1人で利用する場合はモバイルSuica(交通系ICカード)で乗車できます。

モバイルSuica(交通系ICカード)で乗車する場合は、自動改札に事前に登録したモバイルSuicaをかざしましょう。

自動改札からEXご利用票出てくるので受け取って新幹線に乗車できます。

POINT
新幹線の代金は登録したクレジットカードから決済されます!

きっぷで新幹線に乗車する方法

2人以上や子どもがいる場合はきっぷで乗車できます。モバイルSuica(交通系ICカード)では乗車できません。

  • 2人以上やこどもを含む予約の場合
  • 会員以外の1人が利用する場合
  • 会員の交通系ICカードが未登録の場合

以上のような場合は、会員本人分も含めて指定席券売機などできっぷを受け取って、新幹線に乗車してください。

スマートEXで予約したきっぷは、東海道・山陽新幹線駅のEXマークがある指定席券売機や受取専用機などで受け取れます。

詳しくは、公式サイトで確認してください。

公式サイトできっぷの受取方法を確認する

まとめ

iPhoneだと、モバイルSuicaを年会費無料で使えるのでおすすめです!

電車に乗る機会が多い人には必需品だと思われます。

見知らぬ土地に旅行に行った時も、駅の場所を見てきっぷを買う手間がはぶけて非常に便利!

新幹線を利用する人は、モバイルSuicaとEXアプリをセットで利用しましょう。

以上、モバイルSuicaの登録や使い方とEXアプリでの新幹線の乗り方解説でした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。