サードパーティ製プロコン「DinoFire」はほぼ本家Proコン【コンパクトで握りやすい】

以前から欲しかったNintendo SwitchのProコントローラー。通称プロコン。

約7,000円とゲームソフトが買えるくらい値段が高く、値段のわりに壊れやすいとの評判が多く目についたので、サードパーティ製のコントローラーを購入しました。

 

今回購入したのは、DinoFire Switchコントローラー

購入時の値段は2,029円と純正プロコンの半額以下でした。多少値段の変動がありますが、Amazonなら3,000円以下で購入できます。

created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

DinoFire Switchコントローラーのスペック

Nintendo Switch Proコントローラーとサードパーティ製DinoFireのコントローラーのスペックです。

Nintendo Switch Proコントローラー DinoFire Switchコントローラー
価格 約7,000円 約3,000円
サイズ 106×152×60mm 112×165×70mm
重量 約246g 約240g
USB端子 USB Type-C USB Type-C
通信機能 Bluetooth 3.0 Bluetooth 3.0
センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー 加速度センサー/ジャイロセンサー
振動機能 HD振動 3段階HD振動
Turbo連射機能 なし あり
amiibo 対応 非対応
充電時間 約6時間 約3時間
バッテリー持続時間 約40時間 約10時間

両者を比較すると、バッテリーの持ち時間以外はほぼ同じようなスペックですが、値段はプロコンの半額以下とDinoFire Switchコントローラーが安い。

DinoFire Switchコントローラーの特徴は以下になります。

  • 3段階HD振動
  • Turbo連射機能搭載
  • amiibo非対応

コントローラーの振動が3段階で調整できる。Turbo連射機能が搭載されているので、任意のボタンを連射できるように設定できます。

また、DinoFire Switchコントローラーはamiibo非対応となっています。amiibo対応なら以下のコントローラーがおすすめ。

created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

DinoFire Switchコントローラーを開封

まずは外箱。

外箱の裏面にはコントローラーの仕様や内容物が記載されています。

▽仕様

  • 作業電圧:DC 3.7V
  • 充電電圧:DC 5V
  • 充電時間:約3〜4時間
  • ワイヤレス接続距離:≦ 10m

▽内容物

  • コントローラー
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書

箱の中身。

  • コントローラー本体
  • USB Type-Cの充電ケーブル
  • 取扱説明書(日本語あり)
  • カスタマーサポート連絡先

コントローラーと充電ケーブルは袋に包まれていました。

 

コントローラーは、純正Proコンと同じボタン配置。

コントローラー中央にあるホームボタンの左側にあるボタンがTurbo連射機能ボタン。

 

コントローラー裏面。

充電ケーブルは、USB Type-C。

コントローラー本体に挿すほうがType-Cで、コンセント側がType-Aとなっています。

ACアダプターが付属していないので、購入が必要です。USB Type-Aが挿さるACアダプターを購入しましょう。(iPhoneに付属しているもので代用可能。)

created by Rinker
Anker
¥1,299 (2020/07/12 19:00:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
OIVO
¥1,999 (2020/07/12 18:48:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

充電してみました。

充電中は、コントローラーのLEDランプが赤く点滅します。

LEDランプが消灯すると、充電完了です。

 

created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

DinoFire Switchコントローラーのサイズ感

DinoFire Switchコントローラーは、コンパクトな印象です。

Nintendo Switch Proコントローラーを持っていないので、Joy-Conと比較しました。

Joy-Conと比べてみると、少し小ぶりで丸みがあり握りやすそうな形。

ボタンも大きく押しやすそうです。

厚みは、DinoFire Switchコントローラーが少し厚め。

 

ボタン配置は、純正プロコンと同じ。

R / L / ZR / ZL ボタンも大きくしっかりしています。

 

created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

DinoFire Switchコントローラーの接続方法

Nintendo Switchとコントローラーを接続する方法は、付属の取扱説明書に記載されています。

  1. ホーム画面で「コントローラー」を選択
  2. 「コントローラーの持ちかた/順番を変える」を選択
  3. コントローラーの「ホーム」ボタンと「Y」ボタンを同時に押す
  4. LEDランプが点滅したら完了
created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

DinoFire Switchコントローラーのレビュー

早速、スプラトゥーン2のプレイに使用しました。

 

結論:使いやすい

 

使いやすいと思ったポイントは3つ。

  • グリップ部分が手にフィットする
  • ボタンが大きく押しやすい
  • アナログスティックが操作しやすい

Joy-ConからDinoFire Switchコントローラーへ変えたので慣れる必要がありましたが、使いやすいです。

グリップ部分が手のひらにぴったりフィットするので、しっかり固定して使用できる。また、ボタンが大きく押しやすいだけでなく、押したときの感覚がしっかりと伝わります。アナログスティックも戻りがよく操作しやすい。

 

気になる点としては、Joy-Conと違い十字キーが繋がっているので、たまに押し間違えることがあるくらいです。

この辺は慣れなので特に問題ないですし、純正のプロコンも同じく繋がっている十字キーとなっています。

created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

DinoFire Switchコントローラーのおすすめポイント

値段の安さや使いやすさ以外にも、おすすめできるポイントが2つあります。

  • USB Type-C端子で充電できる
  • 3年保証つきで安心

USB Type-C端子で充電できる

純正プロコンと同じUSB Type-Cのケーブルで充電できます。

サードパーティ製は、Micro USB端子のものが多いです。

 

純正プロコンと同じUSB Type-Cなので、充電器も同じものが使える。

充電ケーブルが増えなくて助かります。

created by Rinker
OIVO
¥1,999 (2020/07/12 18:48:04時点 Amazon調べ-詳細)

3年保証つきで安心

サードパーティ製なので、品質が心配なところですが保証つきです。

  • 3年保証
  • 45日返品可能
  • 75日交換可能

これだけ長期間の保証があれば、なにか問題があっても安心ですね。

created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

プロコンの半額以下でほぼProコン

  • 純正プロコンの半額以下
  • 使いやすさ抜群で保証つき
  • amiibo非対応

壊れやすいと噂の純正プロコンと比べ半額以下で購入でき、しっかりとした使いやすさで保証つき。

amiibo非対応ですが、今のところamiiboを使うことはないので特に問題なしです。

純正プロコンの値段に悩んでいるなら、半額以下のDinoFire Switchコントローラーの購入をおすすめします。

created by Rinker
DinoFire
¥2,979 (2020/07/12 18:48:03時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。