高校で「バイト禁止」ならバレないやつやればいいよ

高校の校則で「バイト禁止」ってあるけど、そんなのあったら遊べなくない?

高校生ってほしいものを買ったり、おでかけしたり、何かとお金が必要になる時期。

親からお小遣いを貰えばいいけど、頻繁にもらえるわけじゃないし、「高校生になってまで・・・」って成長した感がないですよね。

 

校則の「バイト禁止」で困ってるなら自宅で出来るバレないやつやればいいよ。って話です。

バイトがなぜ禁止なのか

そもそもなぜ高校で「バイト禁止」なのか。理由は2つあります。

学業に影響がある

まずは「学業に影響がある」←これ。

 

正直、意味がわからん。

 

バイトすれば、帰宅してからの勉強時間が減るとかそういう感じの「学業優先」的なことだと思いますが。部活でも夜8時くらいまで練習してる部活もあるし、学業への影響的にはそんなに変わりません。

バイトしてても、テスト期間はシフトの調整したり、学業に影響出ないように対応できます。

責任が取れない

これの影響がわりとあるかなと思います。年齢的に責任が親や学校にいくので。SNSでのバイト中の不適切動画だと、親だけでなくお店や学校にも影響の出ることをする人もいますよね。

そういったことを防ぐために「そもそもバイトをさせない。」となっているのでは。

ですが、高卒で社会に出て働く人もいるわけです。責任や社会について勉強するためにも高校生のうちからバイトしたいところ。

「バイト禁止」でも出来ることはある

校則で「バイト禁止」でもこっそりやってる人はいますよね。でも、学校にバレると何かと面倒・・・。

ですが今の時代、外に出なくても自宅で出来ることはたくさんあります。

例えば以下のようなもの。

  • ブログ
  • プログラミング
  • クラウドソーシング
  • 仮想通貨

など、他にもたくさんありますが、今回はこの5つを解説します。

ブログ

知っている人もいるかもしれませんが、ブログってお金を稼ぐことができるんです。

ざっくり言うと、ブログ読んでもらったり商品を買ってもらってお金を稼げます。

うまくやれば、月5万円とか10万円とか、月100万円以上稼ぐ人も。

本を読むことが好きだったり、文章を書くことが得意な人はおすすめ。苦手でもやってみたらなんとかなります。

慣れてくれば、文章を書く仕事の「ライター」になることも。ライターの仕事がしたいなら、あとに紹介するクラウドソーシングに繋がりますよ。

【初心者におすすめ】WordPressでブログを始める方法を解説の記事を読めばブログを始められます。

 

関連:【初心者におすすめ】WordPressでブログを始める方法を解説

プログラミング

プログラミングスクールに入って勉強しようとすると初期費用もかかるので、すぐにお金を稼ぐことは難しいかもですが、プログラミング。勉強すれば、スマホのアプリやサイトなどを作れるようになります。

今のうちに勉強しておけば、高校卒業後、仕事にすることもできるのでスキルアップにもなりますね。

プログラミングスクールに入会するなら、オンライン完結のTechAcademyがおすすめ。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、ネットでスキルを売るって感じ。

例えば、「ライター」や「プログラミング」などのスキルをネットを通して仕事にできます。他にも絵が得意なら漫画を書いたり、イラストやSNSのアイコンなど色々なスキルを仕事に。

得意なことがあるならやってみるべきです。

スキルのオンラインマーケットだと、ココナラがおすすめ。会員登録だけでもしておくことをおすすめします。

株って大金がいると思われがちですが、最近は少額からできるものもあるので挑戦してみては。

若いうちからお金のことを勉強しておくと、大人になってから役立ちます。お金のことは学校では教えてくれないので、社会に出ても知らない人が多いですね。

仮想通貨

ビットコインとか、一時期大変話題になりましたね。

今後どうなるかわからない部分がありますが、勉強してうまくやれば稼げるかも。ただ、勉強するなら株をおすすめします。

自宅でお金を稼ごう

「バイト禁止」なら自宅でお金を稼ぎましょう。

ブログはパソコンがあれば出来るのでおすすめ。

他にもスキルアップに繋がるものばかりなので、今のうちにやっておいて損はないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。