半身浴しながら読書するなら「Kindle Paperwhite」が防水対応で安心

「お風呂で半身浴しながら読書がしたい。」

「雨の日の通勤でも読書がしたい。」

こんな悩みを解決するなら、「Kindle Paperwhite」が防水対応で安心して使えるのでおすすめ。

Kindle Paperwhiteは中間モデル

AmazonのKindle端末は3種類あります。

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis

上記3つの中で、真ん中のモデルがKindle Paperwhiteです。

 

Kindleは、最安値のエントリーモデル。

Kindle Paperwhiteは、中間モデルで防水つき。

Kindle Oasisは、最上位モデルで防水でなおかつページ送りボタンつき。

かんたんにそれぞれの特徴を説明するとそんな感じ。

Kindle端末のスペック比較

以下の表は、Kindle端末3種類の比較表です。

Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
画面サイズ 6インチ 7インチ
解像度 167ppi 300ppi
フロントライト(LED) 4個 5個 25個
容量 4GB 8GB / 32GB
通信仕様 Wi-Fi Wi-Fi / Wi-Fi+無料4G Wi-Fi / Wi-Fi+無料4G
防水仕様 IPX8
ページめくり タッチスクリーン タッチスクリーン & ボタン
サイズ(mm) 160 x 113 x 8.7 167 x 116 x 8.18 159 x 141 x 3.4 – 8.3
重さ(g) 174g 182g 194g
価格(税込) 8,980円〜 13,980円〜 29,980円〜

比べてみると、Kindleが最安値で手が出しやすいですが防水機能がないので、お風呂で読書するなら防水機能つきのKindle Paperwhiteがコスパがよくておすすめ。

Kindle Paperwhiteの値段

Kindle Paperwhiteの値段は、13,980円〜22,980円。

カスタムする内容によって値段が変動します。

  • 容量
  • 広告の有無
  • 接続方法

上記の内容をカスタムできる。

 

容量は、8GBか32GBから選べます。たくさん本を保存したい人は、32GBがオススメ!

広告の有無は、広告ありかなしを選択できます。広告は、ホーム画面など待機中に表示され、読書中には表示されないので、読書の邪魔をされることはありません。

接続方法は、Wi-FiのみかWi-Fi+無料4Gが選択できます。無料4Gがついていると外出先でも本のダウンロードができます。外でダウンロードするのであれば、Wi-Fi+無料4Gが必要。

保存されている本はどこでも読めるので、ダウンロードをWi-Fi環境でするのであれば必要なしです。

Kindle Paperwhiteのいいところ

軽くてかさばらない

薄さ8.18mm、重さ182g(Wi-Fiモデル)とコンパクトなので、軽くてかさばりません。

一般的な紙の本より軽いので、片手でも疲れにくい。

かばんからの出し入れもスッと余裕です。

お風呂で読書ができる

防水機能つきなので、お風呂で読書ができます。

半身浴などで長時間入浴する人にとても便利なアイテム。

目が疲れにくい

スクリーンは、300ppiの高解像度で小さな文字もきれいに読めます。

フロントライトは、スマホのように目に向けて光るのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目に優しく疲れにくい。

8種類の文字サイズから、読みやすいサイズを自由に調節できます。明るさ調節も。

Kindle Paperwhiteはこんな人におすすめ

  • お風呂で半身浴しながら使用する人
  • Kindle(無印)では物足りない人

上記のような人におすすめです。

Kindle Paperwhiteと一緒に買うべきもの

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。