使用環境に合わせられる。無印良品の『フタが選べるダストボックス』

一人暮らしを始めて1ヶ月ほど経ちますが、ゴミ箱がなかったので購入しました。

購入したのは、無印良品の『フタが選べるダストボックス』。

 

なるべく物を増やしたくないので、床にゴミ袋を置いていましたがあまりにも見栄えが悪く、場所も取るので購入しました。

無印らしくシンプルなデザインで、インテリアの邪魔をしないので気に入っています。

フタが選べるダストボックス

 

フタが選べるダストボックスはポリプロピレン製。

サイズは小(20L)・大(30L)の2種類。値段は 小が990円で、大が1,290円となっています。

ちなみに、僕が購入したのは 小(20L)サイズです。

 

▽商品仕様

小(20L) 大(30L)
原産国 日本
仕様 本体:ポリプロピレン 袋止め:スチール
重さ 約1.05kg 約1.35kg
サイズ 19×41×37cm 19×41×54cm
容量 約26L(幅52cm以上の20Lごみ袋が使用可) 約36L(幅52cm以上の30Lごみ袋が使用可)

サイズは、縦の長さが変わるだけで横幅や奥行きは同じ。重さも約1kgと軽すぎないのでフタの開閉時も安定しています。

袋止めもついているので、袋が飛び出してゴミ箱の外から見えることもないです。

使用環境に合わせてフタが選べる

商品名の通りですが、このダストボックスはフタが選べます。

ダストボックスとは別売で、『フタが選べるダストボックス用フタ』というもの。縦開き用・横開き用の2種類です。値段は 390円。

 

縦でも横でもどちらでもよかったですが、フタを開けた時に高さが出ない 横開き用 を購入しました。

選ぶ時のポイントは、棚の下に置くなどゴミ箱の上にスペースが少ない時は 横開き。隣同士にゴミ箱を並べるなら 縦開き。など、使用環境を考えると選びやすいです。

横開きのフタにしておけば、今後「棚の下にゴミ箱を置きたい。」となっても開閉スペースに余裕があっていいかなと思います。

 

注意点としては、『フタが選べるダストボックス』にフタを一度取り付けると外れない仕様となっている点。

なにか外す方法があるかもしれませんが、無印良品からも注意喚起されているので、購入の際は気をつけましょう。

袋止めでゴミ袋をセットする

フタが選べるダストボックスには、袋止めがついているので、ゴミ箱の外から見えないようにゴミ袋をセットできます。

袋の口を、袋止めの内側から外側に通すだけで簡単。

 

ゴミ箱の外から袋が見えないので、生活感が抑えられて気に入っています。

DYMO のテープライターで見分けをつける

同じダストボックスが並んでいると、どっちが何ゴミかパッと見分けがつかないことも。

先日購入したDYMO のテープライターでラベリングしました。

 

Amazonでチェックする

 

カチカチっと文字を打ってサクッと完成。

フタに貼って、開けなくても中がわかるようになりました。

 

【関連記事】アナログでおしゃれなテープライター『DYMO(ダイモ)』でラベルを作る

まとめ:インテリアの邪魔をしないシンプルなダストボックス

無印良品の『フタが選べるダストボックス』を紹介しました。

別売の『ポリプロピレン収納ケース用キャスター』を取り付けることもできるので、使用環境に合わせて組み合わせられるのが、無印良品のいいところ。

 

シンプルなデザインなので、「こだわりのインテリアに似合うダストボックスがない。」といった人におすすめ。

 

無印良品でチェックする

 

▽DYMO テープライターはこちら

created by Rinker
ダイモ
¥1,355 (2020/10/01 22:01:58時点 Amazon調べ-詳細)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。