【新社会人必見】貯金が苦手な人におすすめ!先取り貯金のやり方

こんにちは!りょうすけ(@gadgetswamp_)です。

4月から社会人になった方おめでとうございます!

もうすぐ4月も終わろうとしていますが、まだまだ慣れないことばかりで大変だと思います。

体を壊さないように、よく食べてよく寝て新生活を楽しみましょう〜

さて、社会人になり、そろそろ初給料をもらえる方もいるのでは?

給料をもらえると欲しいものを買ったり、旅行へ出かけたり、色々なことに使えます。

ですが、使ってばかりではいられません!お金をつかって遊ぶことも大切ですが、貯金も大切です!

わかっていてもできないのが、貯金!

「余ったお金を貯金する!」では、貯まりません!

今回は、貯金ができない人におすすめ!簡単にできる貯金のやり方を紹介します。

僕も実践している『先取り貯金』の紹介です。

先取り貯金とは?

先取り貯金とは、給料が入ったら使う前に、いくらか貯金する方法のことです。

名前の通りシンプルですね。先に取って貯金!これだけです!

貯金が苦手な人におすすめ!

例えば、手取りが18万円だった場合、先に2万円を別口座に貯金して、残った16万円で生活します。

そうすると、1年間で24万円貯金することができます。

先取り貯金のポイント

1か月間の支出額を把握する

給料から先に引いて貯金するので、残ったお金で生活することになります。

1か月の支出額を把握せず、貯金すると、生活費が足りなくなります。

そうすると、貯金から引き出してしまうでしょう。それでは、意味がないです。

そこで、1か月間の支出額を把握して貯金額を決めます!

携帯代やガソリン代、食費など色々あるので確認してみてください。

携帯代を見直したいなら下記の記事で紹介しています。

LINEモバイルってなに?

貯金の目標金額を決める・使い道を決める

1か月の支出額が把握できたら、次は貯金の目標金額を決めましょう。

  1. 先ほどの1か月の支出額から毎月の貯金額を決める。
  2. 何年間でいくら貯金するか決める。
  3. 目標金額に達成したらなにに使うか決める。

目標金額や使い道を決めておくと、挫折しにくく続けやすいです!

貯金専用の口座をつくる

給料が振り込まれる口座とは別に貯金専用の口座をつくって、そこに貯金しましょう。

できれば、気軽に引き出せない口座にするといいです。(定期口座など)

また、貯金したお金はなかったものと考えましょう。

毎月の貯金額が決まらない場合は、手取りの3割貯金

一般的に理想の貯金割合は、1割〜3割とされています。

一人暮らしの場合、最低1割を貯金できればいいかなと思います。

手取り18万円だと、18,000円の貯金です。

実家暮らしの場合、最低3割を貯金できればいいかなと思います。

手取り18万円だと、54,000円の貯金です。

毎月の貯金額が決まらない場合は、手取りの3割を貯金してください!

他の先取り貯金のやり方

会社の財形貯蓄制度を利用する

会社が給料の一部を天引きし、貯金として別口座に積み立てしてくれる制度です。

天引きなので、知らないうちに、お金が貯まっています。

デメリットは、会社によっては制度がないところがある点ですね。

貯金におすすめの銀行は?

おすすめは、楽天銀行です。

普通預金で、金利が0.02%です。メガバンクの20倍の金利です。

下記の記事で紹介しています。

高金利でおすすめ!楽天銀行について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。