[ALEXANDROS]のDr.庄村聡泰(サトヤス)が勇退。ありがとうを伝えたい。

2020年1月24日のお昼前、スマホをいじっているとメールが届いた。

[ALEXANDROS]FCからのメールだ。

いつもは届いたメールをすぐには開けないが、その時はすぐに開いた。

「ドラムス庄村聡泰についてのご報告」という文字が見えたからだ。

Sleepless in Japan Tourが終わってから「局所性ジストニア」という病気で活動休止中のサトヤス。

[ALEXANDROS]のドラマー庄村聡泰(サトヤス)が活動休止!局所性ジストニアとはどんな病気なのか

そのサトヤスについての報告となると後回しにするわけにいかない。

[ALEXANDROS]が10周年ということもあり、少しの期待と大きな不安を抱きながらメールを開いた。

 

 

「サトヤス、勇退。」

 

この文字を見たとき、頭がまっしろになり、心臓の音がものすごく大きく聞こえた。

「局所性ジストニア」で活動休止になった時から「もしかすると・・・。」と考えてしまうことが何度もあった。

でも、現実になると受け入れられず、なにも考えられなかった。

僕はいくつかのバンドを聴くけれど、[ALEXANDROS]は特別だ。

どこのライブ会場にだって足を運ぶ。彼らに出会うまでは、特にこれといった趣味もなく、つまらない毎日を過ごしていた。

そんな僕を変えてくれたのは、[ALEXANDROS]だ。

[ALEXANDROS]が人生を豊かにしてくれたと言っても過言ではない。

 

FCのメールには、その日の夜にYouTubeで配信があると書いてあった。

この日は、ずっと[ALEXANDROS]のことで頭がいっぱいで、なにもできなかった。

夜になりYouTubeの配信を見た。4人が揃ったところを久々に見て、なんだか安心した。

だが、もうこの4人が揃うことはないのか、この4人が鳴らす音が聴けなくなるのかと思うと、また寂しくなった。

でも彼らはいつものように楽しそうにしていた。

彼らの配信が終わる頃には、僕は大爆笑しながら彼らの配信を見ていた。他のファンの人たちもそうなのでは。

[ALEXANDROS]はいつもと変わらず、楽しそうな姿を見せてくれた。彼らが一番落ち込み辛いはずなのに。

そんな彼らを見ているとこれからもついていこうと思う。

 

僕が[ALEXANDROS]を好きになったのは、Sheというドラマで流れているのを聴いたからである。

Sheは松岡茉優主演の短編ドラマで、[ALEXANDROS]とタイアップしているドラマのため、彼らの曲ばかりが流れる。

流れる曲はどれもカッコよく、何よりドラムの音に惹かれた。

ライブに行くと、CD音源だけではわからないサトヤスのドラムさばきの凄さが、ひしひしと伝わってきた。

サトヤスのおかげで[ALEXANDROS]を知ることができた。

これからも世界一のロックバンド[ALEXANDROS]についていく。

 

サトヤスありがとう。

 

▽この4人の最後の映像作品

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。